スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

インシテミル/米澤 穂信

評価:
米澤 穂信
文藝春秋
¥ 1,680
(2007-08)
 ≪内容≫
気軽な気持ちで参加したバイトのはずなのに・・・そんな参加者が12人集まった【暗鬼館】で行われる殺し合いという実験。7日間この館で普通に過ごせばありえない額をもらえる。それならば普通に過ごせばいいのでは?!と思っていたはずなのに・・・殺人を行ったり殺人を暴く探偵役を行ったものには時給を倍にしてもらえるという好条件?!そんななか第一の殺人が起こってしまう。それからだんだんと人数が減っていく。
ありえない非現実空間で行われる非現実的な行為。
続きが気になるミステリー
≪私的感想文≫
7日間拘束されただけで1000万以上もらえるなんて怪しすぎるっ!!!そんなバイトに参加する気持ちはやっぱりちょっとお金に困っててそれでもってこんなのなんかの嘘だって軽い気持ちじゃなきゃ参加できないよね。
読んでる途中に思ったんだけど、これ東野圭吾の「ある閉ざされた雪の山荘で」に似てる気がした。
だんだん人が死んでいってどこかにうすーく感じる繋がりがあるような・・・っていう感じ?!が似てる。とゆーか、この本のなかでも出てきたけどクローズドサークルっていうので同じなんだな!!!
「ある閉ざされた〜」でも思ったけど人数多いと始めのほーに死んだ人とかもぅねキャラが定まらないうちに死んじゃうから名前も覚えられないの><この話だと12人いたから6人くらいになったらへんでやっと名前覚えてきたくらい(笑)てか半分やん!!
後半にちゃんと解決されてくしミステリーとして面白かった。読み終わった感も「ある閉ざされた〜」に似てた。

にほんブログ村 本ブログへ 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←他にも本の感想が見れます
| 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |




qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Now reading
New Entries
Category
Profile
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
AMAZON
BlogMURA
ランキングに参加してます。
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
お気に召しましたらポチっと宜しくお願いします。
Link