スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)/井坂幸太郎
 ≪内容≫
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は・・・たった1冊の広辞苑?!そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ。第25回英治文学新人賞受賞作。
≪私的感想文≫
んんんんん・・・・
なぁーんかこれ読むのに手こずった。
これはあたしの好きな井坂風味じゃない。
話の展開の仕方とか面白いんだけど、内容と登場人物があんまし好きじゃないなぁ。

と昔は思ったんだけど、「終末のフール」とかまで読んでみて、この作家さんは日常にある何気ない生活に少しのスパイスを効かせた感が好きとゆーか得意なんだろうなって思って。

私の好きな作風じゃないだけで、それなのに今でもふっと思い出すこの作品の登場人物

どれだけ時間が経っても変わらないいい部分、そんな感じがした。
| 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 13:52 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Now reading
New Entries
Category
Profile
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
AMAZON
BlogMURA
ランキングに参加してます。
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
お気に召しましたらポチっと宜しくお願いします。
Link