スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)/恩田陸
 ≪内容≫
三月以外の転入製は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷い込んだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。

背表紙より
≪私的感想文≫
この本自体を読むのにけっこう時間が経ってしまった。始めの出だしを何回か読んだ記憶が・・・あまり出だしからぐっと引き込まれる感がなかったので、なかなか進まなくて手こずったみたい。本自体も分厚いので読むのに時間はかかるけど、始めのほーを少し我慢しちゃえば、4分の1くらいいけば後はもうこの不思議な世界観から抜けられなくなった。
ぶっちゃけね、まだちょっと理解に苦しむとゆーのか納得できてない部分もいくつかあるんだけど、まぁそれはそれでいいかなと。また時間が経ったら読もうと思う。いい意味で物凄く最後に裏切られる。なんだったのさ?理瀬は?なんて思うくらい。ヨハンも黎二。黎二の漢字を思い出すためにまた本を手にとって開いてみた。はっと思う。1度読んだからこそ蘇るのであろうこの感覚。このままいけばまた読み始めそうな気がした。少しぞくっとするくらい引き込まれた。始め読んだ時は、ハテナが多かった文なのにw少し考えさせられるとこもありの素敵な小説だった。恩田陸って面白い。
| 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 23:02 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Now reading
New Entries
Category
Profile
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
AMAZON
BlogMURA
ランキングに参加してます。
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
お気に召しましたらポチっと宜しくお願いします。
Link