スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

リピート/乾くるみ
評価:
乾 くるみ
文藝春秋
¥ 1,593
(2004-10-23)
Amazonランキング: 145641位
≪内容≫
ある時間ある場所に行くと過去に遡れる。あなたも一緒に戻りませんか?
そのことをリピートと呼ぶ風間に誘われ毛利は10ヶ月前の自分に戻る。
以前は出来なかったことや些細なことをそつなくこなし日々を過ごして・・・
そんな中リピート仲間が次々に死んだ。風間を入れて10人のリピーター。
だんだん減っていく仲間。明かされていく真実。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←他にも本の感想がのってます。
≪私的感想文≫
面白かったぁ!!!乾くるみって名前的に女性ですよね?なのに理系な話を書くのが凄い!!あたしは文系だから理系の触れ幅(どこからどこまでが正しいとか凄い)とかわかんないけど、今まで理系な話を織り交ぜた作品ってのは男性作家が書くものとばかり思ってた。
花魁ものを立て続けに2冊ほど読んでたから、なかなかサスペンスを読もうっていう頭にならなかったけど、けっこう面白かったから途中から引き込まれて楽しかった。ただ、最初のほうはダレたかも。主人公の毛利とかがリピートするまでの経緯とかは煩わしかったかな。ここをもっと端的にサラっとしてもらって殺人とかをもっと重みや謎を出して欲しかったのかも。

*ここからネタバレあり

これって、アレだよね?「クローズド・サークル」。結局誰もいなくなるみたいな。
誰が犯人的な話でもないからちょっとサスペンスとは言いがたいけど、次々に死んでいく様が始めは誰かだ意図した殺人だと思ってたら、単なる自然調和ってのはリピートすることってのからすると自然に納得できる話だな。ありきたりなのかもしれないけど、話の展開としてはすごく分かりやすいし面白かった。毛利が死んじゃうのも妙に納得できたし。

どっかのレビューでこれとまったく同じような話があるって読んだことあって、そっちのほうが面白いってあったなぁ・・・
それも読んでみたいので探してみることにする。

参考:佐藤正午「Y」(ハルキ文庫)/R・マシスン「ある日どこかで」(創元推理文庫) /ケン・グリムウッド「リプレイ」
| 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 10:15 | - | - |
| - | pookmark |

Comment
rina様
こんな放置気味のblogにコメントありがとうございます。

ええええ?!
乾さんて男性なんですか?
わぁお。びっくり。
でも、納得できますよね^^
Posted by: みーこ |at: 2010/01/29 2:25 AM
乾さんの作品、毎回驚かされて
とっても面白いですよね!!^^
私もだいすきです☆

「乾みゆき」さん、男性らしいですよ!(^_^;)
Posted by: rina |at: 2010/01/05 7:02 PM









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Now reading
New Entries
Category
Profile
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
AMAZON
BlogMURA
ランキングに参加してます。
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
お気に召しましたらポチっと宜しくお願いします。
Link