スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))/金城一紀
評価:
金城 一紀
角川書店
¥ 1,155
(2005-05-31)
Amazonランキング: 34128位
≪内容≫
娘をボコボコにされて怒りにまかせて踏み込んだ先は、ゾンビーズのいるオチコボレ高校。そこには復習相手はいなくて・・・
やつらに出会ったのが運のツキ?!ラッキーなのかはたまたアンラッキーなのか?!
中年オヤジ鈴木の結末は??

JUGEMテーマ:注目★BOOK


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←他にも本の感想がのってます。
≪私的感想文≫
ヤバイ!!面白すぎてソッコー読んでしまった。
ペースはやいよw
このストーリー展開のよさ。面白すぎる。金城一紀ワールドにどっぷりハマっちゃって抜け出せない。しばらく他の本読みたくないもん><
舜臣が言う「恐怖の向こう側にあるものを見たくねえのかよ」に痺れた。
かっこいいーーー!!!
金城作品に出てくるヤツってみんなかっこいいな。ロマンがあるよ。
映画になってるの知ってたし、なーんとなく内容つかんでたから読み始めてからちょっと戸惑った。なんでだかはわかんないけど。不安だったのかも。面白くなかったらどうしようってね。そんな心配は無用だったけどね。読みながら、舜臣を想像すると岡田君が出てきて、あたしの頭の中ではもう舜臣=岡田なんだけど、映画見てないからどうなのかわかんないけど。「レボリューションNO.3」も読んでるからなんかしっくりこない。岡田くんが嫌とかじゃなく舜臣ってあたしの中ではあんまりかっこいい顔してないイメージだったんだよね。岡田くんイケメンすぎるもん。笑
まぁ、けっこう映画は原作に忠実らしいので見てみることにする。次は「SPEED」だぁ^^
あぁーあたしもこのストーリーの中に入って山下のヒキを見て腹抱えて笑いたいな。
| 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 13:41 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Now reading
New Entries
Category
Profile
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
AMAZON
BlogMURA
ランキングに参加してます。
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
お気に召しましたらポチっと宜しくお願いします。
Link