スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

対話篇/金城一紀
評価:
金城 一紀
講談社
---
(2003-02)
Amazonランキング: 128855位
≪内容≫
Amazon.co.jp
直木賞受賞作の『GO』、また『レヴォリューションNo.3』で、痛快な青春劇を描いてきた金城一紀の中編小説集。「恋愛小説」「永遠の円環」「花」の3編を収録。『対話篇』というタイトルが示すように、いずれも人と人との出会いや、対話を通して生まれる物語となっている。これまで軽快なテンポの小説を得意としてきた著者が、じっくりと人間の関係性に重点を置き、創作に取り組んでいる。
特に印象深いのは、冒頭の「恋愛小説」。親しくした人間がかならずこの世を去ってしまうという、数奇な運命の男が、ただ1度経験した恋愛の顛末を描いている。ひとを愛したいのに愛せない男のもどかしさが胸に迫る、どこか非日常な匂いのする1編だ。

また、余命いくばくもない主人公の復讐を、ミステリー調に描いた「永遠の円環」、老弁護士と青年が過去の記憶をたどりながら、ある目的のため旅をする「花」。どれも死、別離など暗くなりがちなテーマを扱いながらも、さわやかな印象を与える作品である。それは、のっぴきならない状況に陥っても、「間違いない。この世界は素晴らしい」(「花」)と主人公に語らせる、著者自身の前向きな姿勢があるからだ。全編を通して感じられる、生きることに対する真摯な眼差しは、既存の金城作品の根底にも共通するものである。ハッピーエンドで終わる話ばかりではないが、登場人物それぞれの人生が、じわりと心に響いてくる作品集だ。(砂塚洋美)

内容(「MARC」データベースより)
孤独の淵に閉ざされた人々が、他者との「対話」によって少しずつ世界への扉を開いていく。心にやさしく響く作品集。「恋愛小説」「永遠の円環」「花」の3篇を収録。

アマゾンより転用
≪私的感想文≫
読んでから日にちがたってしまったから感想が・・・
それに今まで読んできた金城一紀の爽快感がないのは対話をコンセプトで書いてるから?!「吉原手引き草」でも思ったけど、対話で見せる本ってどうも面白く思えない。
2コ目のお話【永遠の円環】と「SPEED」とリンクさせてるのは好きな感じでした。これは「SPEED」を読んでから読んだほうがいいかも^^

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←他にも本の感想がのってます。
| 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 15:13 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Now reading
New Entries
Category
Profile
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
AMAZON
BlogMURA
ランキングに参加してます。
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
お気に召しましたらポチっと宜しくお願いします。
Link